学校長式辞
令和4年度 入学式

 校 長 式 辞

 暖かい春の陽気に包まれて、生命が躍動する季節となりました。この良き日に伝統ある泉高等学校に希望に満ちた新入生をお迎えできる事、大変うれしく思います。

 本来であれば、多くの保護者やご来賓・本校教職員が見守る中、吹奏楽部の演奏に包まれて、晴れやかに入学式を行いたいところではありますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、縮小した形での入学式となりましたことをご了承ください。

 ただ今 入学を許可いたしました英語科40名、普通科200名、合計240名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。皆さんの入学を心から歓迎いたします。そして、本日までの十五年間、お子様を立派に育んで来られました保護者の皆様にとっても、お喜びひとしおのことと拝察いたします。

 

 さて、本校は、昭和48年、当時の泉市に初めて設立された、男女共学の普通科高校であり、平成7年の英語科新設を経て、今年、創立50年の節目を迎えます。本校では、「健全な心身の鍛練、知の追求、情操の陶冶、豊かな人間性の育成」という建学の精神のもと、知・徳・体のバランスのとれた豊かな人間形成を目指し、3つの校訓とスクール・アイデンティティを掲げ、日々の教育活動に取り組んでおります。

 3つの校訓とは「明朗進取 自重敬愛 勤勉奉仕」です。

「明朗進取」とは、「明るく朗らかに、自ら進んでことをなすこと」を意味します。

「自重敬愛」とは、「自分の行いを慎んで軽々しく振舞わず、相手を敬い親しみの心を持つこと」です。

「勤勉奉仕」とは、「仕事や勉強に一心に励み、献身的に社会につくすこと」です。

 在校生もこの良き伝統と校風を受け継ぎ、学業はもちろん、部活動や生徒会活動、学校行事などに充実した生活を送っています。

 また、本校ではスクールアイデンティティとして「積極挑戦し未来を切り開く生徒」を掲げています。泉高生の長所は、「素直さ」「優しさ」「真面目さ」です。これに加え、高校生活の中で様々なことに「挑戦」し、「経験」を積み重ねることができたなら、多くの成長の切っ掛けをつかめるはずです。

 

 アメリカの実業家で詩人のサミュエル・ウルマンは「Youth」という詩の中で、「青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心のもち方を言う。年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いる」といっています。

 皆さんには、無限の可能性があります。人間としての成長が止まるというのは、決して年齢的なことではなく、自分の限界を決めつけた時と、自分の能力に満足をした時です。どうか、自分の限界や能力を簡単に決めつけないでください。

 生涯に渡り、自らの意志で積極的に挑戦し、自分の未来を、自らの行動で切り開いていく中で、自分の限界や能力は高まっていくのです。その基盤をこれからの3年間で身につけましょう。

 

 新入生の皆さんは、様々な希望と期待を胸に本校に入学したことと思います。しかし、これから始まる高校生活は、楽しいことばかりではなく、これまで経験したことがないような苦しいことや、つらいことが待ち受けているかもしれません。

 そんなときには「艱難 汝を玉にす」という言葉を思い出してください。「人は苦労や困難を乗り越えることによって立派な人間に成長するものだ」ということです。

 苦しいときにこそ、「艱難 汝を玉にす」の言葉を思い出し、「苦労や困難を経験している今この瞬間、自分は成長しているのだ。ガンバレ自分」と言い聞かせてください。

 ただし、一人で抱える必要はありません。困ったときには相談してください。私たち教職員や先輩方は、皆さんと一緒になって考え、皆さんを支える努力を惜しまないつもりです。

 

 入学に当たり、保護者の皆様にお願いが二つございます。

 一つは、お子様が高校生として必要かつ望ましい習慣を身につけるよう、引き続きご家庭での見守りをお願いしたいということです。その上で、無理なく親離れ・子離れできるように、お子様を見守りつつ、少しずつ距離を広げていって下さい。とはいえ高校生は、経験も判断力もまだまだ未熟です。また、高校生を取り巻く環境は必ずしも安心できるものではありません。必要に応じて寄り添い、必要に応じて俯瞰する。その繰り返しが、お子様の自立を促します。

 もう一つは、泉高校の教育方針をご理解いただき、学校との連携をお願いしたいということです。泉高校には、生徒の実態と社会の状況を踏まえた独自の教育があります。高校1年生は、中学4年生ではありません。もっとストレートに言えば、高校は義務教育ではありません。私たち教職員は、お子様を1日でも早く泉高生にするべく、時には厳しく指導してまいります。このことをご理解いただいた上で、家庭と学校が車の両輪となり、お子様に対し、時に指導し、時に支援し、時に伴走することで、自分の足で走れる、自走できる生徒になってもらいたいと考えております。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 本日入学した240名の新入生の皆さんが、無事、三年後の卒業を迎えたとき、泉高校に入学して良かったと思えるよう、私ども教職員は一丸となって取り組んで参ります。

 新入生の皆さんが初心を忘れることなく、学業や様々な活動に全力でぶつかって、苦労や困難を経験しつつも、大いに成長し活躍されることを心から祈念し、式辞といたします。

 

令和4年4月8日

宮城県泉高等学校 校長 菅原 賢一

 

 

 

令和3年度 卒業証書授与式

校 長 式 辞

 まず、新型コロナ感染症対策の影響で、多大な制約の下での第47回宮城県泉高等学校卒業証書授与式の挙行となりましたことに、心よりお詫び申し上げます。保護者の皆様からは本校に対し、厚いご支援を頂戴してまいりましたが、そのお陰をもちまして、この日を迎えることができました。これまでのご理解とご協力に、改めて深く感謝申し上げます。

 ただ今、卒業証書を授与された268名の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

 皆さんは、高校生活3年間において、新型コロナ感染症の影響を最も受けた学年でした。これまで当たり前にあった日常の高校生活が奪われ、誰にも文句の言いようのない理不尽な日々が続くことになりました。突然の全国一斉臨時休校措置が行われ、分散登校やオンライン授業など、平常とは異なる高校生活を強いられてきました。それらの解除後も全校集会の中止や教室の換気と消毒、毎日の検温やマスクの着用などの行動制限が加わり、入学当初思い描いていた高校生活を満足に過ごせなかった悔しさを拭い去ることは、容易ではありません。

 そのような日々においても、皆さんは前向きに物事を捉え、真摯に課題と向き合い、自分なりの納得のいく高校生活を過ごせるように、とても努力を重ねてくれました。当初の予定を変更せざるを得なかった修学旅行や泉高祭においても、知恵と工夫を凝らして、大いに盛り上げてくれました。また、一度は中止と決まった球技大会も、皆さんの懸命な努力と熱意によって実施することができました。このように、最後まで諦めないという強い気持ちが、皆さんにとっての大きな武器にもなり、とてもたくましく思います。

 さて、卒業生の皆さんは、入学式の日の事を覚えていますか。私は皆さんに次のことを話しました。「人間の成長が止まる時は、決して年齢的なものだけではなく、自分で自分の限界を決めつけた時と、自分の能力に満足をした時である。どうか、自分の限界と能力を簡単に決めつけないでほしい。泉高生であるという誇りと自信を持ち、未来をしっかり見つめ邁進してほしい。」本日、学び舎を巣立とうとしている皆さんは、この3年間、きっとこのような生活を送ってきたことでしょう。本校の校訓である「明朗進取」「自重敬愛」「勤勉奉仕」を念頭に置き、日々の勉学に、そして部活動をはじめ、様々な活動に「積極挑戦」し三年間で大きな成果をあげました。

 明日から皆さんは、希望に満ちた新たなステージを歩み出すことになります。私が皆さんにお話できるのは、今日が最後です。泉高校最後の日に、皆さんに、大切にしてもらいたい事をお伝えして餞の言葉にしたいと思います。

 1つ目は、「健康」です。全世界の人々は今もなお、新型コロナウイルスの脅威と闘っています。今後の働き方や生き方を考えていく必要があります。そんな先行き不透明な時代だからこそ、健康であることを最優先にしてください。若いから大丈夫ではなく、これからも自分の心と体を大切にしてください。

 2つ目は、「機会」です。言い換えるとチャンスを逃さないでください。チャンスをつかみ取るためには、何でも一生懸命やってみることです。その努力している姿を周りの皆が見ています。いつかそれが認められ、新たなチャンスにつながります。「努力は人を裏切らない」ということを信じて頑張ってください。

 3つ目は、「親」です。今、皆さんがこの場に存在しているのは、親のお陰であることを忘れないでください。どんなに寒い冬の朝でも、皆さんのために、早起きし、お弁当を作ってくれたり、学校まで送ってくれたりしたはずです。どうか、親御さんに対する感謝の気持ちを忘れないでください。

 最後の4つ目は、「教育」です。私は、皆さんに「教養のある素敵な大人になってほしい。」と話してきました。そうなるためには、学ぶことを止めてはいけません。生涯にわたり学び続ける人は、決してさびついたりしません。卒業式を迎えた今日という日が、生涯学び続ける始まりの日となることを期待しています。

 以上4つのことを英語に置き換えると、1つ目の「健康」はHealth、2つ目の「機会」はOpportunity、3つ目の「親」はParent、そして、4つ目の「教育」はEducationです。それぞれの頭文字H,O,P,Eを並べるとHOPE「希望」という言葉になります。どんな時も希望を失わずに、積極挑戦してください。

 皆さんがこれから生きていく社会は、新しい知識・情報・技術が、社会のあらゆる領域においても活動の基盤として重要性が増しています。また、人口知能やビッグデータ、IOT等の先端技術があらゆる産業や社会生活に取り入れられたSociety5.0が到来しつつあります。一方では、人口減少の加速化や高齢化の進行により、特に地方においては、地域社会の担い手の減少とともに、地方経済の縮小など、地域社会の持続可能性が危惧されています。こうした現代社会においても、様々な変化を前向きかつ柔軟に受け止め、課題や目的を自ら設定しながら、修得した知識を関連付け、多様な他者と協働して新たな価値を生み出していくことが求められます。私は、皆さんとの校長室での面談で、一人ひとりの「将来の夢」を教えてもらいました。私は皆さんに現代の諸課題に対応でき、将来の社会を牽引する人材になって欲しいと願っています。自分の夢を叶えるために努力し続ける皆さんの姿を手本として、後に続く在校生も、泉高校の伝統を受け継いでいきます。

 最後になりますが、私たち職員一同、生徒一人ひとりの夢の実現に向けて職員一丸となって指導して参りました。保護者の皆様から本校の教育に対して温かいご支援とご理解を賜りましたことに、心より御礼申し上げます。

 さあ生徒の皆さん、卒業です。新しい出会いを楽しみに、新しい世界でも泉高校で身に付けたスキルをフルに活用してください。そして、たまには母校に帰ってきて、その様子を教えてください。私たち職員一同、皆さんの人生が光り輝くように、心から応援しています。

 改めて、この新型コロナが終息し、またマスクの無い状態で語り合えることを楽しみに、そして、その先にある輝かしい未来を祈念して式辞といたします。

 

 令和4年3月1日

 宮城県泉高等学校 校長 青山 勝